4.1

見逃せないポイントその1

テーマは「東京と世界」。
丸の内の3つの場所にわたるので、
行き忘れがないように!

第4回の「生活のたのしみ展」のテーマは
「東京と世界」です。

国際都市でもある東京の丸の内で、
このために世界各地から集まった
いろんなお店やイベントが花開きます。

「東京と世界」というテーマから、
お店の顔ぶれがバラエティにあふれることはもちろん、
「広い」「エリアがわかれる」ということが、
今回の「生活のたのしみ展」の特徴です。

会場の情報量がかなり多くなりそうですので、
「あそこに行きそびれた!」ということがないように、
「すべてのエリアを訪れるように巡る」のが
大切なポイントといえそうです。

場所は東京駅の丸の内方面。皇居のあるほうです。

「生活のたのしみ展」の開催場所は大きくわけて3つ。

丸ビル/丸の内仲通り/TOKIAガレリア
です。

▲この3つの場所をめざしてください。

34軒の
お店

丸ビルは
世界サイド」です。

丸ビルは、大小さまざまのお店や
カフェが詰まった賑やかな空間になります。

高い吹き抜けのある1階の「ワールドキューブ」には
世界じゅうから集まったものが並びます。

さらに同じく1階の
Marunouchi Café × WIRED CAFEの場所に
「アースボールカフェ」が登場します。

3階の「旅する回廊」には
見逃せないアート作品もやってきます。

世界のあちこちから来たものが織りなす空気ごと、
どうぞ存分におたのしみください。

「アースボールカフェ」では、
新製品「カレーの恩返しカレー」をさきがけて食べられたり
(初お披露目ですのでぜひ感想などお聞かせください)、
なかしましほさんレシピによるチーズケーキ、
amana(IMA Cafe)の特別な
アースボールブレンドコーヒーなど、
オリジナルメニューをたのしめます。

また、キッチン雑貨やフード、うつわなどの
たのしいお買いものもできます。

▲高い吹き抜けの「ワールドキューブ」

▲外側にもお店が並びます。

▲「ワールドキューブ」の隣りには

「アースボールカフェ」が登場。

▲3階の「旅する回廊」には

このときだけの「買える」アート作品も。

▲目印はこの「世界サイドのくま」です。

11軒の
お店

丸の内仲通りは、
よりみちストリート」です。

ふだんは丸の内の路面店が並ぶ石畳の道に、
キッチンカー、アメリカンスクールバス、
パラソルワゴンなど、
はなやかなお店が大集結します。

このエリアには、
初コラボとなる「斉吉✕BumbooCut」のお弁当、
そして、毎回大人気の
「chioben」のお弁当もありますよ。

あちこち寄り道するように、
ワクワクするぶらり歩きをなさってください。

▲ここにずらりと車のお店が。何往復もどうぞ。

▲目印はこの「よりみちストリートのくま」です。

16軒の
お店

TOKIAガレリアは、
東京サイド」です。

ふだんは29店舗の食堂が地下にあることで知られる
TOKIAですが、
ここの1階ガレリアは、
「生活のたのしみ展」では
星空の装飾がほどこされ、
「星のガレリア」となります。

星空の下、60メートルにわたって、
「生活のたのしみ展」のお店がずらりと並びますよ。

現代の東京をあらわす洗練された品、
古き良き江戸東京の貴重なもの、
日本各地からやってきた「いいもの」ばかり。

新旧まじりあったたのしい空間になります。

▲「星のガレリア」に日本の自慢が並ぶ。

▲目印はこの「東京サイドのくま」です。

丸の内の「生活のたのしみ展」の開催は、
以上3つの場所です。

現場に到着したら、
ぜひマップを手に入れて、
3つの場所がどこにあるか確認してください。

最後に、スペシャル企画をご紹介します。

今回の「生活のたのしみ展」では、
おたのしみスタンプラリー(デジタル版)を行います。

スマートフォンをお持ちの方にご参加いただけます。

エリアをめぐりながら、
ワールドキューブ(丸ビル1階マルキューブ)、
旅する回廊(丸ビル3階回廊)、
星のガレリア(TOKIAガレリア)に設置している
デジタルスタンプをスマートフォンに押してください。

すべてのスタンプをコンプリートすると、
なにかうれしいものが当たるかも!
デジタルスタンプの設置場所は、
会場マップでお確かめください。

今日の見逃せないポイントまとめ

1
3つの場所を逃さずまわる。
2
到着したらまずマップをゲット。
3
スタンプラリーで当たるかも!

4/21|18:45更新

生コマーシャル
をみる