豆皿とめいめい皿の店
川口武亮 / 金森正起 / 瀬川辰馬 / 中園晋作

ほぼ日初登場の
4人のうつわ作家のかたがたに、
「豆皿とめいめい皿」というテーマで
お作りいただいた、美しくにぎやかなお店。

めいめい皿(銘々皿)とは、いわゆる取り分け皿。
丸だけでなく、楕円や角皿、取り碗など、
いろんなかたちがそろいました。

水のように透きとおった釉薬と、
模様のコントラストが楽しい川口武亮さんの器、
マットな白のなかに、ヴィンテージのような
風合いも感じる瀬川辰馬さんの器、
釉薬の、偶然の響きあいが光る中園晋作さんの器、
そして、ブルーやグレーを感じる
やわらかでクリーンな琺瑯の金森正起さんの器。

ずっと眺めていたくなるような美しさがありながら、
ふだん使いにもスッとなじむ、
魅力的な作品をどうぞおたのしみください。

川口武亮
佐賀有田で作陶されている川口武亮さん。
三島や刷毛目の技法で生み出すリズミカルな模様に、
透き通るような釉薬が美しい器を今回ご用意いただきました。
波の渦のような、力強さと透明感。
惚れ惚れするようなめいめい皿。
小ぶりなのに存在感たっぷり。
四寸でも五寸でもない、万能に使える四寸半皿。
オリーブオイルを入れてバゲッドをつけたい。
透き通るグリーンが、とてもきれい。
金森正起
愛知県名古屋市で制作をされている金森正起さん。
金属を素材としながら、やさしくやわらかい印象の、まるで
日本画のような静けさを、丁寧にまとった琺瑯の器が並びます。
instagramアカウント:@shyousyou
大胆に餃子を盛りつけても似合いそう。
ホーローのひんやり感が一切ない、やさしいうつわ。
プレーンで万能。初めての琺瑯にぴったり。
朝食にぴったりの、琺瑯のプレート。
瀬川辰馬
東京千住にアトリエをかまえる瀬川辰馬さん。
アートピースのような静謐さがありながら、日常使いもしやすい
チタン白釉の器を3種、今回のためにお作りいただきました。
スイーツを印象的に盛りたい。
余白を残して、素材や料理を盛りつけたい。
とにかくハンサムな角皿。
中園晋作
栃木益子で作陶されている中園晋作さん。
釉薬を吹きかけ、重ねていくことで生まれる、神秘的で、
吸い込まれるような美しさの器を今回お作りいただきました。
朝食のプレートとしても。
ミニ海鮮丼や、たっぷり豚汁をよそいたい。
キラリと光る釉薬がすてき。
蒼のうつわは1枚あるととても重宝します。
シックな印象の美しいうつわ。
晴れやかな気分になるうつわ。
冷製スープや和え麺を盛ってみたい。