コップ屋タカハシヨシヒコ Salad! サラダのうつわ

ワインのコップ 小

(税込・配送手数料別)

カートにいれる出荷:

販売は終了しました

お気に入りに登録

写真で見る印象よりも、
じっさいは大きく感じるのがこの「小」。
白ワインを飲むことを考えてつくられていますが、
ここにステム(脚)をつけたと仮定すると、
レストラン(それも、かなりいいレストラン)で出てくる
赤ワイン用のグラスくらいの大きさがありますから、
「どちらにも、使えます」。便利です。
なお、片手で持つときは底をしっかり
ホールドしてくださいね。

食卓でお酒を飲むとき、「飲まないひと」も
いっしょのことが多いものですけれど、
そういうかたのために、炭酸水やソフトドリンクを
あえて、このワインのコップに入れるというのも
とてもたのしい演出だと思います。
宙吹きで、口のところを磨いていない、
「液体がそのままかたまっている」という状態は、
唇に、とてもなめらか。
そのたのしさを、酒飲みばかりに
独占させておく手はありませから。

この商品について

  • ワインのコップ小・なか

    サイズ
    高さ:約105〜125mm
    最大横幅:約100〜110mm
    重さ
    約160g
    素材
    ガラス

知っておいてほしいこと

  • 個体差について

    「ワインのコップ」は
    高橋さんのガラススタジオで
    1点1点手づくりされています。
    大・中・小それぞれ、
    だいたいの大きさはねらってつくられていますが、
    型で作るようには同じに出来ません。
    個体差は個性としておたのしみください。
  • ガラス素材について

    ガラスの素材はバリウムが含まれたソーダガラスです。
    その原料に、毎日制作の時に出る切り端や竿についた
    ガラスなどを混ぜて溶かします。
    ずっとそれを繰り返すので鉄分が混ざっていって、
    若干緑色になっています。その具合もそのときでいろいろ。
    大企業の工場などでは、鉄が混ざらないように、
    竿についたガラスは廃棄したり、
    色を溶かす時だけに使いますが、高橋さんのところでは、
    捨てるガラスが多くならないように、
    なるべく溶かして使っています。
  • ガラスの脈理と泡について

    ガラスの表面にたまに、脈理とよばれる筋のような、
    または点のような跡が見られます。
    これは完全に混ざりきっていない部分が、
    薄く吹くことによって現れてきたものです。
    これも大企業的には廃棄の対象ですが、
    現れ方によっては、雰囲気とも景色ともいえると
    高橋さんは考えていますので、製品として出荷しています。
    小さな泡についても同様です。
  • 洗い方について

    ガラスのコップは、手でさわるだけで油分がつきます。
    しばらく戸棚の中においておくと、
    空気中の水蒸気によって表面が曇ってくることがあります。
    気になったときは、ぜひ洗って磨いてください。
    高橋さんが日常的に使っているのは
    メラミンスポンジという
    洗剤のいらないスポンジです。お湯でそそぎ、
    こするだけで、油分も完全にとれて
    ぶりっとした感触になります、
    全部の表面がこすられていればすぐにきれいになります。
    布巾などの上に伏せておけば、
    それだけでもオッケーですが
    ガラスを拭くための布をちょっと湿らせて拭くだけでも
    抜群にきれいになります。
    ちなみに、通常の木綿の布巾などで拭くと、
    かえって糸埃がつくことがあります。

    つよくおすすめはしませんが、
    食洗機で洗っている方もいるようです。
    機種によっては手で洗うよりきれいになるそうですが、
    乾燥するときに水滴の跡がついてしまうとの
    報告もありますので、注意してください。

    花瓶として使うなど、水をいれっぱにしておくと、
    蒸発していくときに、ガラスの内側に
    カルシウムのような白いものが付着して、
    とれなくなります。ご注意ください。