林屋海苔店のお店

海大臣(番外壱)

(税込・配送手数料別)

カートにいれる出荷:国内出荷限定

お気に入りに登録

「番外 壱」は、しなやかさとツヤ感があって、
穴が多めの海苔です。
シャクシャクとした歯ごたえのあと、
さらっと口のなかで溶けていき、
塩味は控えめなのですけれど、
あまく、まろやかな後味が残ります。
ごはんとの相性はもちろん抜群。
酢飯で「細巻き」にしてもよさそうです。
うどんやお茶漬けなども、よさそうです。
チーズ、めんたいこ、おさしみ‥‥
いろんなものをくるんで、おつまみにもおすすめ。

この商品について

  • 海大臣(番外壱)

    素材
    乾海苔
    内容量
    1パック全型30枚入り

知っておいてほしいこと

  • 小穴があります。

    表面をよく見ると、小さな穴があいていますが、
    これはまったく問題ありません。
    海苔が育つ過程で、海水の温度などにより、
    海苔が伸びきらない段階で摘み採られ、
    旨み成分が凝縮されたまま、板状に加工されます。
    小さな穴は、その後、
    乾燥させ縮んだ際にできたものです。
    海苔の世界では、一般的に
    「穴のあいている海苔は、味がよい」
    と言われています。
  • 表面がうっすら曇っていて、凹凸があります。

    表面がうっすら曇っていて、
    でこぼこと凹凸があります。
    海苔の等級は、一般的に
    色のよしあしや、艶など、
    見た目優先で決められるのですが、
    「海大臣」の産地である皿垣漁協は、
    専門家が食べてみて、
    味をみて等級を決める「食味審査」を行なっています。
    そうして選ばれた「海大臣」も、
    福岡全体の海苔のなかでも
    最高級ランクに入る海苔のひとつです。
    見た目ではなく、味がよくて、
    さくりさくりとした歯ごたえを
    お楽しみいただけたらと思います。
  • アルミ製の専用パックに入っています。

    「海大臣」のアルミ製の専用パックは、
    築地林屋海苔店が海苔の保存に最適な袋として、
    選んだものです。
    アルミ製のパックは光を通さないため、
    海苔の劣化を防ぎます。
    また、アルミパックの中には、
    海苔とともに乾燥剤が入っています。
    こちらは食べられませんので、ご注意ください。
  • 賞味期限をお確かめのうえ、保存は、高温多湿の場所を避けてください。

    「海大臣」の賞味期限は、専用パックの裏面に記載されています。
    賞味期限は、およそ12ヶ月間です。
    開封後、アルミパックの封をするときは、
    空気を抜いて、口をしっかり閉じて保管してください。
    常温の保管でだいじょうぶですが、
    高温多湿の場所での保管は避けてください。