2

予告

2017.11.15(Wed)~11.19(Sun)

am11:00 〜 pm20:00 (19日はpm17:00まで)

At六本木ヒルズアリーナ

10.24

「ほぼ日」初登場のお店、

ご紹介します。

第2回生活のたのしみ展には
既に「ほぼ日」でおなじみのかた、
第1回から引き続き出展なさるかたのほかに、
「ほぼ日」初登場の出展者のかたがたや、
「ほぼ日」には何かのかたちで登場したことがあるけれど、
お店としては初めての登場となるかたも
おおぜいいらっしゃいます。

ざっと挙げてみますと──。

JINS × ほぼ日 
かわいい老眼鏡の店

あのメガネ屋のJINSさんといっしょに
老眼鏡の専門店をつくります。

この経緯はやったら長くなりそうなので、
11/25から連載コンテンツでおとどけします。

紙のひきだし─紙もののお店。

発売前に予約で完売することもあるという雑誌
『デザインのひきだし』がプロデュースする、
紙もののお店です。

ちょっとほかにはないノートブックが登場予定。

槇塚登 + キッチンボタン

鉄の台所道具店

香川・高松の鉄工作家、槇塚登さんと、
キッチンボタンを主宰する料理家みなくちなほこさんによる
鉄のフライパンや中華なべのお店です。

これが使いやすいんだ!

世界の楽器 RAGAM

世界中でいろんな楽器に触れて、
輸入・販売をしている田辺響さんの個人商店。

見たことがないような珍しい楽器が揃います。

演奏家でもある田辺さんがお店番。

shuo' 冠婚葬祭のジュエリー

ジュエリーデザイナーの星芽生さんと、
ライターの吉田直子さんが
2011年の春にふたりではじめたブランドです。

冠婚葬祭のフォーマルな場所でつけられる
ジュエリー類がならびます。

Lima7192 ガラスのジュエリー

ジュエリー作家の宮下万里さんが、
ガラスを用いて制作する、ジュエリー・ブランド。

じょうぶな「ホウケイ酸ガラス」でつくられた、
1点ずつ手づくりのジュエリーです。

KYOKO TSUDA
あそび心のあるジュエリー

ジュエリーデザイナーである津田恭子さんが
2015年からはじめたブランド。

個性的なデザインと色使いが特徴のジュエリーは
ひとつ身につけるだけで、いつものコーディネートが
たちまちパッと華やかになるんです。

CO- アンティークボタンで愉しむ
ジュエリーのお店

東京・馬喰町にある、ボタンやジュエリーのお店から、
おすすめのボタンが並びます。

普通にお洋服につけるようなタイプのボタンから、
アンティークもの、現代ものも取り揃える予定です。

美しさとか、使いやすさだけでなく
遊び心があったり、ユニークな背景があるものも!

KASANE MITTANのかさねる服

TOBICHIで展示販売をしたことがある、
和と洋の接点のような服づくりをする
京都をベースにしたブランド、MITTAN(ミッタン)。

「かさねる」というテーマでのはおりものがならびます。

LOCHARRON × 轟木節子 
luck pack

イギリスのタータンチェックブランド、
ロキャロンの布地を使って、
スタイリストの轟木節子さんが服をつくりました。

あわせて「あしもとからてっぺんまで」
ぜんぶ一式まるごと買える、
轟木さんスタイリングによるコーナーも。

すごろくや 
世界のボードゲームの店

TOBICHIでのイベントでおなじみの
「すごろくや」さんが出展。

世界各地からあつめたボードゲームが並びます。

じっさいに遊べるコーナーも。

世界の花屋 前田有紀さん

テレビ朝日のアナウンサーからの転身が話題になった
フラワーアーティストの前田有紀さんが、
5日間だけのとくべつなお花屋さんを開店します。

MHL ちいさな蚤の市

あの「マーガレット・ハウエル」のMHLが、
「量産にいたらなかったサンプル品」や、
いろいろな周辺のものをあつめて、
蚤の市を開きます。

岡本太郎のくらしの店

「なんだこれは?!」なお店です。

岡本太郎記念館さんがやってきて、
新作の太郎グッズをはじめとした
いろんなたのしいものを展開。

「座ることを拒否する椅子」という、
これまで販売しなかった太郎作品も登場。

マルディ グラ 和知徹さん

「おれは食べて痩せたいのだ。」で
野菜料理のレシピを教えてくれた和知さん。

今回は得意の「肉」でお弁当をプロデュース。

サンドイッチ、大人のお子様ランチ、
そして「肉詰」という、お肉だけの弁当も?!

味坊 梁宝璋さん

最近、ちまたで話題の中国東北料理のお店「味坊」、

その主宰の梁(りょう)さんが考える、
ワインに合う中国料理のおつまみがたっぷり入ったお弁当。

味坊の厨房から、できたてが、毎日届きます。

chiobenさん

撮影のロケーションのときに人気のお弁当、
chioben(ちおべん)。

ふだんなかなか手に入らないのですが、
この5日間は、毎日ここで販売をしてもらうことに。

ごはんとおかずがぎっしり、満腹になりますよ~。

ほかにも、「ほぼ日」ではおなじみの人びとも、
そのコンセプトは初めて! というテーマで
お店をつくります。

くわしくは、これから更新される読みものコンテンツや
11月1日オープンのたのしみ展のサイトで
順次ご紹介していきますね。

予告トップ