C14

伊藤尚美のアトリエから

伊藤尚美

「やさしいタオル」での
コラボレーションをきっかけに、
「ほぼ日」で「Hoku nani 伊藤尚美さんのお店」
ご一緒している、
水彩画家、テキスタイルデザイナーの伊藤尚美さん。

1994年から大阪・東京・パリで作品の発表をはじめ、
2002年にテキスタイルブランド
「nani IRO」のプロデュースを開始。

ダブルガーゼやコットンリネンにのせられた
繊細さと力強さどちらも感じさせるデザインが魅力で、
伊藤さんのつくる布や、布をつかったアイテムは、
国内外(15カ国以上!)で広く支持されています。

現在は故郷の伊賀の自然あふれる土地にアトリエをもち、
日々、制作をつづけています。

伊藤さんのオフィシャルサイトは、こちらをどうぞ。

新作をたっぷり用意しての、5日間。

今回、生活のたのしみ展に出現する
伊藤尚美さんのお店は、
ご自身のアトリエと「つながった」イメージの空間です。

自然にかこまれた伊賀のアトリエは、
遠くに鈴鹿山脈が広がり、
その上に広がる青い空と雲、
朝露にぬれる野原に囲まれています。

おだやかな風が抜け、日差しが大地を照らし、
時折やってくる雨、ざわめく木々、
そして豊かな畑と果樹園。
‥‥そんな日々の自然ゆたかな暮らしから
生まれるのが、伊藤さんの水彩画です。

伊藤さんの水彩画を眺めていると
森や野原、海辺や川べりなどの
自然のなかを歩いているような感覚があり、
家にいながら、ほっと落ち着く気分になります。

その画をモチーフにした、
伊藤さんの布は、その空気が
そのまま取り込まれたかのようです。

今回、そんな布を使って生まれた
洋服や、布を使った雑貨類を販売します。

洋服は、伊藤さんがパリで暮らしていたころに出会った
ヴィンテージのアトリエコートをモチーフにしたものや、
かわいらく、ほかにはない、コクーン型のドレス。

▲アトリエガウンコートを着た伊藤さん。

▲コクーンドレス12,960円(税込)
モデルはnaniIROのスタッフさんです。

絵を描くときや家事するときにぴったりのエプロン、
お道具箱、スケッチブック、
伊藤尚美さんの絵をもとにした
マスキングテープなどの雑貨もできました。

▲小さな道具箱 3,780円(税込)

▲大きな道具箱 4,104円(税込)

▲アトリエエプロン herringbone Navy 6,264円(税込)

伊藤尚美さんのテキスタイルブランド「nani IRO」や
「BEAU Yin Yang (ボー・インヤン)」の
人気の生地をつかった、ちいさなくびまき
「装う布」も今回デビューです。

手ぬぐいの長さで、幅は手ぬぐいの倍。
くびもとに巻いたり、ひざかけにしたり。

コンパクトにたためますので
いつもバッグのなかに入れておいて、
肌寒いときにさっと取り出して使うのもおすすめです。

さらには、お部屋のインテリアファブリックにしたり、
目隠し用の布としてもなにかと便利に使えます。

▲装う布 1,512円(税込)

伊藤尚美さんの水彩画やデザインから生まれた
150種類のテキスタイル。
そのハンカチもずらっと並びます。

色とりどりで、ちいさな絵画を見ているかのような
気分になる空間になる予定です。

また、テキスタイルも、1メートル単位で販売します。
新作のヘリンボンや、冬の時期に人気の
ウールガーゼもそろいますよ。
また、一部は
「生活のたのしみ展ウェブストア」でも販売します。

伊藤さんからのメッセージ。

「この休日に、今回販売する
布張りのスケッチブックを眺めていました。
『これは全部手張りで、しかも布の取り都合で、
100冊、全部ちがう表紙なんだな‥‥」と、しみじみ。
ふと『それなら私のエンボッサーの刻印と、
1枚ずつ違う100枚の絵のかけらを
忍ばせておこう』と思いました。

▲大きな道具箱 4,104円(税込)

布張りスケッチブック、布張りの道具箱、
どれもどれも絵のようです。
暮らしにすんなり、
そしてきらっとたのしく使える絵のよう。
今回、「生活のたのしみ展」に向けて、
「ほぼ日」さんと一緒につくったどれもが、
暮らしにすらっととけ込む
絵や詩のようだと思います。

布も、ずっと、そう思って描いてきました。
服やハンカチもどれも、絵や詩を選ぶように
くらしへ持ち帰っていただけるとうれしいです」

(伊藤さん談)

みなさまのお越しを心待ちにしています。
ぜひ、お立ち寄りくださいね。