C5

鈴木仁子 白磁の装身具

鈴木仁子

鈴木仁子さんは、白磁を使って
アクセサリーやブローチなどの
装身具を作っている作家です。

真っ白な磁土をまるで
糸のように操りつくる装身具は
どれも儚げで美しく、繊細です。

仁子さんの作り出す装身具は、
ほんとうにどれも繊細で、
可憐なデザインのものばかり。

大事に扱いたい気持ちからか、
身につけている間は自然と
ていねいな仕草になるんです。

「あえて脆いものを身にまとい、丁寧に扱うことで
女性らしい振る舞いにつながるのかなって思います。」

「白」の持つ象徴性に惹かれ、
意識的に白い作品を作っているという仁子さん。

真っ白な装身具は、季節を問わず
どんな装いにもよく合います。
ブローチやアクセサリーは、
すべて1点ものの手作り。

デザインによっても質感は変わりますが、
どれも自然なあたたかみを感じます。

陶器なので、使っているうちに
パキッと潔く割れてしまう場合があります。

長く使っていただきたいという思いから、
できる限り修理もご対応してくださるそうですよ。

生活のたのしみ展では、
Drawing Laceシリーズのピアスや
ブローチなど、さまざまな種類が並びます。

価格帯は3千円台から2万円程度。

それぞれ微妙な個体差があるので、
ぜひ実物をご覧になってみてくださいね。

まるで本物のレースのような
Drawing Laceシリーズも並びます。

ペースト状にした磁土で
レース模様を1点1点描いて
焼き締めたシリーズです。

▲白磁を細く絞り出して、レース模様を描いているところ。とても緻密な作業です。

ブローチはこれからの季節、
厚手のセーターなどにつけるのもおすすめです。

無釉でマットな質感が美しく、
コーディネートのポイントになりますよ。