C9

shuo’/シュオ 冠婚葬祭で使う
小物とジュエリーのお店

shuo'

shuo’」(シュオ)は、
冠婚葬祭で使える小物を中心に制作をしている
ジュエリー・ブランドです。

shuo'は中国語で、新月という意味。

新月の日は、新しいことをはじめたり
願いごとをするのに適しているという言い伝えから、
冠婚葬祭のフォーマルな場所でも
いつもの自分でいられるように、
そして新しい気持ちではじめられるようにとの願いをこめて
つくられています。

shuo’ってどんなチーム?

この、身にまとうと、背筋がシャンとのびるような
ジュエリーを生み出しす「shuo’」は、
ジュエリーデザイナーの星芽生さんと、
ライターの吉田直子さんが
2011年の春にふたりではじめたブランドです。

「かわいいジュエリーは世の中にたくさんあるけれど、
人の役に立つジュエリーがあったらいいな」
という吉田さんの何気ない一言から
このブランドが生まれたのだそう。

「人との出会いが多いライターという仕事柄、
30歳を過ぎた頃から、
お別れの機会が多くなってきたんです。

その度に、自分の準備のなさに毎回慌てていて。

ちゃんとしたものを持っていたらよかったな、
と思う機会が多くありました」

人生の中には、さみしい場面、たのしい場面、
どちらもあるけれど、どちらも大事にしたい。

「その両方がいっしょに存在している
ブランドがあってもいいのかな、って」

大事な場面で、
急に別人になったような装いになるのではなく、
日常でワンピースを着て
ジュエリーをつけるときのような気持ちのまま、
「いつもの自分」のままに、お別れを言いたい。

そして、残された人が
明日からも元気に勇気を持てるように、
うつくしく、装ってほしい。

そこから、冠婚葬祭でも使えて
普段使いもできるような
パールやムーンストーンなどを基調とした
シンプルなジュエリーが生まれました。

たとえば、パールのロングネックレス。
重ねづけがかわいくって、
同じワンピースを着ていても、
つけかたで印象がかわるアクセサリーです。

ちなみに、ジュエリーは金具もすべて
「shuo’」がオリジナルで作っています。

数珠や袱紗なども。

「shuo’」では、数珠や袱紗もつくっています。

「数珠は、いざというときにだけ
家族から借りたりという人が、
わたしのまわりには多くて、
自分のものを持っている人が少なかったんですね。

色味も独特な重みがあるものが多かったので、
自分が持つなら──と、
美しい数珠をつくりたいと考えました。

つくってみたら、『こういうものが欲しかった』
『必要としていました』という声をいただき、
家族へのプレゼントにも喜んでいただいています」

誰でもつかいやすく、
カバンに入っていても、重さを感じない。

フサもひとつひとつ糸から選び、
素材は木でできているものや、
天然石からできたものも。

これはぜひ、触り心地で選んでいただけたらと思います。

数珠入れと数珠は、
色の組み合わせによっても表情がちがうので、
お好みで合わせてみてくださいね。

会場では「shuo’」のふたりが
お見立てもしてくれます。

袱紗については、
「シンプルな袱紗が、世の中に、なかなかない」
とうことから、結婚式のときにも
お葬式のときにも使えるものを考えたのだそう。

綺麗な色合いの袱紗は、お葬式にも大丈夫?

と思いがちですが、
きちんと包んで持って行くという気持ちが大事なので、
袱紗に使ってはいけない色はないのだそう・
でも「なるべくシンプルに」とお考えでしたら、
紫と茶色の袱紗がおすすめです。

新作の袱紗には、コットンで作った、
男性も持ちやすい色もありますよ。

なお、パールなどのネックレスや
ピアスなどは、生活のたのしみ展の
ウェブストアでも販売の予定です。