T-12

伊藤尚美のお店 水彩画を着る。

伊藤尚美

T-12

伊藤尚美のお店 水彩画を着る。

伊藤尚美

水彩画家、テキスタイルデザイナーの伊藤尚美さん。

1994年から大阪・東京・パリで作品の発表をはじめ、
2002年にテキスタイルブランド
「nani IRO」のプロデュースを開始。

ダブルガーゼやコットンリネンにのせられた
繊細さと力強さどちらも感じさせるデザインが魅力で、
伊藤さんのつくる布や、布をつかったアイテムは、
国内外(15カ国以上!)で広く支持されています。

今回は、新作のワンピースとプルオーバーを中心に、
新作をたっぷり用意してお待ちしています。

一番似合う服を探すたのしさを。

水彩画家の伊藤尚美さんが描く世界は、
自然のいぶき、花びらが光に透けるさま、
ちいさくて可憐な野草、美しい鳥の羽根、
真珠の輝き、真冬の透き通った空気など、
生きるよろこびとうれしさ、
うまれたてのどうぶつが初めて世界にふれたような
たのしさとおどろきに満ちています。

その伊藤さんの描いた水彩画をもとに、
毎年、数十種類のテキスタイルが発表されます。

今回は、2019年のコレクションの布から
15種類の生地を選び、
2つのかたちのお洋服にしました。

古代ギリシャのキトンのようなクラシカルなよさと
モガのようなモダンな新鮮さをあわせもつ
エレガントなドレスです。

からだの動きに合わせて、
上品なドレープが絶え間なく生まれます。

ひろげると全体が繭のようなかたちをしていることから
「コクーン(繭)」という名前のついたプルオーバーです。

着こなしやアレンジによって、
フォーマルにも、カジュアルにも使える一枚です。

色とりどりの15種類の生地から生まれた
ドレスとプルオーバー。

お気に入りの1枚を見つけてくださいね。

400種類以上もあるハンカチと
新作の小物も。

何十版も色を重ね、
布の上でていねいに水彩画を再現した
「nani IRO」のテキスタイル。

その生地からうまれたハンカチやてぬぐいが
ずらっと並びます。

その数、なんと400種類以上。

ちょっとしたプレゼントにもいいですよ。

そのほか、ふうせんポーチやトートバッグ、
ストールなどの小物や、
カーテンなど、インテリアファブリックも
ご用意しています。

こちらもごらんください。

■昨年の「ほぼ日」での販売。

「伊藤尚美 水彩画を着る。
2018」

■伊藤尚美さんの公式サイト

■伊藤さんのアートワークから生まれるテキスタイル。

nani IRO

4/21|18:45更新

生コマーシャル
をみる