W-26

ほぼ日ハラマキ 世界の柄シリーズ

ほぼ日

W-26

ほぼ日ハラマキ 世界の柄シリーズ

ほぼ日

2001年に誕生して以来、
みなさまのおなかをかわいくあたためてきた
ほぼ日ハラマキ。

そのデザインは、
なんと約400種類にもおよびます。

なかでもたびたび登場したのは、
「世界」をイメージしたハラマキ。

今回は特に人気が高かった
7種類のデザインを復刻いたします。

なつかしい人も、はじめましてな人も、
レッツ ハラマキ!

こんな商品がならびます。

寒い国をイメージしたもの、
南国をイメージしたもの、
はたまた伝統工芸をモチーフにしたものなど
さまざまなデザインが
みなさまのおなかを彩ります。

当時のデザインはそのままに、
素材はいまのほぼ日ハラマキと同じもの。

何度も改良をかさねた、じまんの素材です。

▲トント(2004年)

▲トナカイ(2004年)

▲フェザー(グリーン)(2005年) 

▲モンステラの葉(2006年)

▲ルーマニアのクロス(2010年)

▲メキシカーンステッチ(2010年)

▲キリムチックな(2010年)

肌に触れる部分は綿100%、
だから年中さらっと快適。

ハラマキの素材は伸縮性のある糸のまわりに
コットンを巻きつけたオリジナル素材。

肌に触れる部分は綿100%なので
アレルギーの心配も少なく、
直接肌に巻くことができます。

(綿は、最もアレルゲンになりにくい素材です)

そして通気性がよく蒸れにくいので、
夏も快適につけられます。

冬の防寒から夏の冷房対策にまで、
一年を通してお使いいただけます。

サイズも4サイズ、
子供サイズから男性サイズまで
ご用意しています。

お友達やご家族でおそろいにできますよ。

白倉ニットさん。

ほぼ日ハラマキは、
新潟県の白倉ニットさんで作られています。

いろいろな工程があるハラマキづくり。

たとえばそのひとつとして、
もともとの絵をハラマキ用の
編みデータにしてもらう作業があります。

ですが、ときにはその絵が細かすぎて
何度も何度もやり直していただいたり‥‥
みなさんの努力なしには完成しない、
ほぼ日ハラマキなのです。

そして4月18日(木)の
お昼ごろ~18時ごろまで、
白倉ニットのスタッフさんがお店にいます。

いつもつけていたあのハラマキや、
いま売っているこのハラマキのこと。

いろんなお話しを聞けるかもしれません。

ぜひ遊びにきてくださいね。

4/21|18:45更新

生コマーシャル
をみる