W-28

pojď k nám チェコでみつけた台所雑貨、など。

pojď k nám(ほぼ日)

W-28

pojď k nám チェコでみつけた台所雑貨、など。

pojď k nám(ほぼ日)

チェコであつめた古道具をならべるお店です。

生活道具やアートの目利きであるプラハ在住の
チョーカー作家、shinoさんといっしょに、
「ほぼ日」武井がチェコにわたり、
プラハ市内外のお店や青空市をしらみつぶしに
まわって、さがしてきたもの。

はこ、びん、カンをはじめ、琺瑯容器、
カトラリー類、古い食器やコップ、調理道具、
企業の記念ピンやビアパブのコースター、布。

チェコの暮らしを彩ってきたものが並びます。

「pojď k nám」は「みんな、おいでよ!」という意味。

ほんとうにいろんなものを、コンテナひとつ分(!)、
買ってきました。

じつはこの買い付け、
前回の「生活のたのしみ展」のためのものと
同じ時期におこなっています。

前回販売したものは手持ちで持ち帰ったものがメイン。

木工製品などが多かった前回にくらべ、
今回販売するものは、タイトルにある
はこ・びん・カン(大きさも柄もばらばら、
でもぜんぶ’かわいい!)をはじめ、
いわば「がらくた・古道具」が中心。

チェコでは「アルパカ」と呼ばれる
洋白銀器のカトラリーやお皿、ポット類、
アルミ・琺瑯のお鍋、べんとう箱。

めずらしいものではドールハウスの食器棚、
レコードプレーヤー。

鉄のアイロン、ビアパブのコースター
(陶器のものと、紙のもの)、パスタのパッケージ、
双眼鏡(けっこうこれを買ってきました)、
金属製の貯金箱、刺繍入りの布、などなど!
店内は広くはありませんので、
最初から全部並べることはできないと思います。

ランダムにどんどん開梱して並べていきますので、
いらっしゃったときの「出会い」を
楽しんでもらえたらと思います。

Petr HŮZAさんの磁器も。

ペトル・フーザさんは、プラハから車で
1時間ほどのHradec Králové
(フラデツ・クラーロヴェー)に暮らし、
大学で教えながら創作活動を続けている
磁器のアーティスト。

彼のカップ&ソーサーや
マグ、ブローチなどのアクセサリーは、
チェコでもとても人気があり、
彼のつくるアートピースは、
プラハ国立美術工芸博物館をはじめ、
世界各地のミュージアムが収集しています。

ペトルさんの磁器作品は、
前回もたくさん並べましたから、
おぼえているかたも、いらっしゃるかもしれません。

ポップでかわいく、でも、アート、
かつ、きちんとした実用品として
チェコで売られているものです。

こちらも展示販売を行ないますので、
どうぞごらんくださいね。

店番は基本的に武井がいたします。

古道具好き、雑貨好き、チェコやヨーロッパ好き、
そして食いしん坊なみなさま、
どうぞお声掛けくださーい。

4/21|18:45更新

生コマーシャル
をみる