なかしましほ

なかしましほ・特製カスタードプリン

Google Play で手に入れよう

夢のようなメニューが揃う「たのしみ食堂」。
デザートには、国立のおやつのお店、
foodmood(フードムード)の店主であり、
ほぼ日でもたくさんのおやつコンテンツをもつ
料理研究家・なかしましほさん監修の
カスタードプリンをご用意しました。
やさしいたまごの味、
しっかりしているのにしっとりした食感、
ほろにがいカラメルのおいしさ‥‥。
口にするとふわぁーっと嬉しい気持ちが広がります。
おひるのデザートに、おやつに、
ぜひおたのしみください。

【イートイン】しっかりめで、しっとりしたプリン。

今回「たのしみ食堂」でお出しする
スペシャルデザートが、こちら!
なかしましほさんのカスタードプリンです。


(なんと、かわいい‥‥)

試作のプリンをいただきつつ、
なかしまさんにお話を聞きました。

「使っているのは卵と牛乳と砂糖だけ。
ほんとにシンプルな、
おかあさんが作ってくれるようなプリンです。

特徴は、生地がしっかりしているところでしょうか。
最近やわらかいプリンも人気ですが、
わたしは昔から、かため‥‥というのかな、
こういったしっかりめで、
だけどしっとりしたプリンが好きなんです。

以前、ベトナム料理のシェフをしていたのですが、
ベトナムには『バンフラン』という
デザートがあるんですね。
練乳を使った、卵の味が濃いプリンの上に
クラッシュアイスを乗せて食べるものなんですが、
それもしっかりした生地のプリンで、おいしくて。
当時から『かためのプリンはおいしいなあ』と
思いながら作っていました。

そんなわけで、今回お話をいただいたときにも
『定食があるから、つるんと食べられるものがいいな』
そこで『しっかりしたプリンがいいなあ』と考えました。
むかしのお子様ランチのデザートみたいに、
仕上げにちょっとクリームをしぼって、
チェリーをのせています。
今回は、赤いチェリーが絶対(笑)。
あれがあるとぐっとわくわくするので。

気をつけたのは、カラメルの焦がし具合でしょうか。
カラメルをしっかり苦くすると、
味にメリハリができて、口のなかで嬉しいんです。
糸井さんに味見をしてもらったときも
『カラメルの味がしっかりしてるね』と、
おっしゃってましたね。
大人向けとは思いませんけれども、わりと苦目だと思います。
上の生クリームとあわせて、いいバランスで
食べていただけるんじゃないかなと思っています」


▲ヒルズカフェのかたとの、打ち合わせの様子。

※すみません。こちらのプリンには、
テイクアウトはありません。なにとぞご了承ください。

【なかしまさんについて】なかしまさんって、どんな人?

さいごに、なかしまさんのことを
あらためてご紹介させてください。

なかしまさんは、料理研究家であるとともに、
東京・国立にあるおやつのお店
「foodmood(フードムード)」の店主でもあります。

定番のクッキーやシフォンケーキをはじめ、
お店に並ぶのは、どこかなつかしい、
毎日たべたくなるおやつ。

そして、ほぼ日では、ツイッターを使って、
なかしまさんと読者のかたみんなで、
おやつ作りのコンテンツをしていたこともあります。
(こちらのレシピをまとめたものは
『みんなのおやつ』という本にもなりました!)

ちなみになかしまさん、
「食堂のほかのみなさんのメニューを聞くと、
どれも食べたくなりますね‥‥おいしそう。
今回お出しするプリンも、ぜひみなさんに
たのしんでいただけたらうれしいです」
とのこと。

また、「生活のたのしみ展」には
なかしましほさんが、実のお姉さんの
ニットデザイナー・三國万里子さんと
いっしょにおこなっているブース
「長津姉妹店」もあります。
どうぞ、あわせておたのしみくださいね。