ANCHOR COFFEE

アンカーコーヒー たのしみ食堂出張所

Google Play で手に入れよう

港町・気仙沼のアンカーコーヒーは、
高品質の豆を使った自家焙煎のおいしいコーヒーを
のんびりたのしめるお店です。
ほぼ日のメンバーが気仙沼を訪れるときには、
「ちょっと寄っていこうか」と
必ず立ち寄る場所のひとつでもあります。
「たのしみ食堂」では、
今回のために作った「生活のたのしみブレンド」を
イートインで味わっていただけるほか、
お買いものエリアではコーヒー豆と、
手軽に飲めるカップオンコーヒーを販売します。
やっちさん(小野寺靖忠専務)から
コーヒーや気仙沼のたのしい話も聞けますよ。
お買いものの途中、ほっと一息つきたいときなどに、
どうぞお立ち寄りください。

【イートイン&お買いもの】こんなお店です。

気仙沼のコーヒーショップ、アンカーコーヒー。
高品質の豆を使った自家焙煎のおいしいコーヒーを
淹れてくれるほか、
おいしい焼きドーナッツまで食べられるお店は、
気仙沼のひとびとの憩いの場でもあります。

「たのしみ食堂」ではそんなアンカーコーヒーが
出張所を開きます。
コーヒーをイートインでお飲みいただけるほか、
お買いものブースでご購入もできます。

いちばんの目玉は、今回のためのオリジナル
「生活のたのしみブレンド」のコーヒー。
「ホッとする味わいのブレンド」です。


▲パッケージはこんなふう。

そのほかアンカーコーヒーのブースでは、
定番のコーヒーや人気のドーナッツなどの
販売もありますよ。
ぜひ、お越しくださいね。

【今回のブースについて】やっちさんに聞きました。

ほぼ日乗組員にとって
「アンカーコーヒーといえばこのひと」の、
やっちさん(小野寺靖忠専務)に、
メールで教えていただきました。

▲こちらがやっちさん(写真は過去の掲載記事より)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q.今回「たのしみ食堂」で
アンカーコーヒーがするのはどんなことでしょう?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アンカーコーヒーのブースではマジックをします。
は、冗談です‥‥。
ビッグベアおのでらこと、私が 
試飲用のコーヒーをハンドドリップします。
コーヒー豆も販売いたします。
新たに作った「生活のたのしみブレンド」や
気仙沼で人気の焼きドーナッツもご用意します。
アンカーコーヒーのビッグベアと
おしゃべりしにお越しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q.販売するものそれぞれを、くわしく教えてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<生活のたのしみブレンド>
今回のために作った「生活のたのしみブレンド」は
主張するコーヒーではなく、
ホッとしてもらえるように作りました。
これがあることで、文字通り、生活の中で
コーヒーを飲むのがたのしみになったり、
何かのたのしみのおともにしてもらえたらなあ、
と思っています。

<ブレンドコーヒー6種類>
「生活のたのしみブレンド」のほかに、
アンカーコーヒー定番のブレンドを6種類、
豆のままとカップオンコーヒーでご用意いたします。
「I’m home」「RIAS」「UP」
「Light House Blend」「Fisherman’s Blend」
「Mother Ports Blend」の6種類。
挽き豆をご要望の方は、その場でお挽きしますよ。

<焼きドーナッツ5種類>
お店で人気の高い、油で揚げていない
「焼きドーナッツ」を、5種類ご用意いたします。
一番人気の「チョコチャンク」、定番中の定番「オリジナル」、
隣町の八木澤商店さんの醤油を使用した「こがししょうゆ」、
黒糖風味の「ウージ&くるみ」、風味豊かな「抹茶チョコ」。
以上の5種類の予定です。おいしいですよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q.そのほか今回の「生活のたのしみ展」について
思いがあれば、教えてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はじめて「生活のたのしみ」という言葉を聞いた時、
なんて素敵な言葉だろうと思いました。
ちょっと辛いことも悲しいことも
「生活のたのしみ」で帳消しにできるし、
「生活のたのしみ」があればそれは
幸せな人生だよなあ‥‥。
そしてそれはその人個人のもので、
他の人に理解されようとも、理解されなくても、
笑顔で人生を送るために必要なものだよなぁ‥‥。
そんな「生活のたのしみ」の時間に
一緒にいれるようなコーヒー、
それが僕達が求めているコーヒーであり、
カフェだよなぁって思いました。
(今でもしみじみ思います)

そして私自身、朝事務所で飲むコーヒーが
毎日のたのしみだったりするんですね。
試飲も兼ねていて「今日のはこんな味だ」とか、
「同じコーヒーなのに今日はちがうな」とか
コーヒーと向かい合う時間が、たのしいんです。
だから、今回の出張所が
みなさんにそんなコーヒーのたのしさを
感じてもらうきっかけになればと思っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご自身で「ビッグベア」と書かれているとおり、
やっちさんといえば、
そのおおきなからだとニコニコとした笑顔が
トレードマーク。
ブースでは「あ、この人か!」とすぐにわかると思います。
コーヒーのことや気仙沼についてのことなど、
聞くといろいろと答えてくれると思いますので、
ぜひいろいろ、おしゃべりしていってくださいね。