こんな街があったらうれしい!
そんな思いで「ほぼ日」がひらく
イベントとウェブの商店街、
それが「生活のたのしみ展」です。

はじまりは2017年、3月さいごの金・土・日。
東京・六本木ヒルズに、週末の3日間だけ、
3ブロックの、うんとちいさな街をつくりました。

ぶらぶら歩くだけでもたのしくって、
あちらを見たり、こっちを見たり、
連れて帰りたいものと出会ったら
ワクワクしながらお買い物ができて。
もちろんお店のひとたちも元気いっぱい。
「こんな街があったらうれしい!」
「また明日も行きたいなぁ」
そんなふうに思ってもらえるように、
ちいさいけれど、とくべつな街をつくったのでした。

それぞれのお店には、
この日のためにあつめたもの、
この日のためにつくったもの、
それぞれの店の店主たちといっしょに、
たのしさ最優先で考え、
えらんだ商品がならびました。

ほしいなあと思っていたけれど、なかったもの。
どこで見つけてきたの? というようなもの。
アーティストのつくる、一点もの。
量産品だけど、ぜひおすすめしたいもの。
日本のもの、外国のもの、
うんと新しいもの、古いもの。
飾るもの、持ち歩くもの、
毎日つかうもの、食べるもの、
いつかの日のためにとっておきたいもの‥‥。
いろんな「縁」であつまったものたちがならんだ商店街は、
3日間だけのオープンでしたが、
おかげさまで、大盛況のうちに幕をとじました。

そして「できるだけ、いつでも」
このたのしさを体験していただけるよう、
2017年6月、ウェブ上に商店街をオープン。

いま、次のイベントの計画を立てながら、
私たちは、こう考えています。
この「生活のたのしみ展」が
(日程も、規模も)
もっと大きくなっていくといいなあ、と!