さあ、はじまります。

2018年6月7日から開催される、
第3回「生活のたのしみ展」。

本日より、くわしい情報を伝えてまいります。

まずは予習的に、会場となる恵比寿ガーデンプレイスへ、
みなさんを案内しましょう。

会期中に現地がどんなふうになるのか、
本番にそなえて、どうぞ映像でご確認ください。

映像をご覧いただければおわかりになると思いますが、
第3回「生活のたのしみ展」の会場には、
大きくいうと2つの特長があります。

会場の特徴その

アクセスしやすい。

恵比寿ガーデンプレイス最寄りの恵比寿駅には、
JR山手線、JR埼京線、JR新宿湘南ライン、
東京メトロ日比谷線、東京臨海高速鉄道りんかい線、
5つの鉄道が乗り入れています。

JRをご利用の場合(徒歩約5分)
恵比寿駅東口改札を出て右手にすすむと
恵比寿ガーデンプレイスの案内が見えます。
動く歩道、恵比寿スカイウォークを道なりにすすむと
恵比寿ガーデンプレイスが見えてきます。
東京メトロ日比谷線をご利用の場合(徒歩約7分)
恵比寿駅1番出口の正面にある
エスカレーターで3階まで上ります。
道なりに直進するとJR恵比寿駅東口改札が
右手に見えます。
そのまま直進すると恵比寿ガーデンプレイスの
案内が見えます。
動く歩道、恵比寿スカイウォークを道なりにすすむと
恵比寿ガーデンプレイスが見えてきます。

お車でお越しになることもできますが、
かなり混雑する可能性もありますので、
とくに週末は、電車で来られるほうが安心かなと思います。

アクセスについてくわしくは以下のページでご覧ください。

会場の特徴その

細長い。

恵比寿ガーデンプレイスのメインストリート全体が、
第3回「生活のたのしみ展」の会場です。

こんな感じで、ほそながーーーくなっています。

なにかを想い出すなぁと思ったら、
これ、ちょっと神社に似ている気がしませんか。

鳥居がわりのモニュメントがお出迎えし、
そこから長い参道を通ると、大きな広場に出ます。

そのうしろに控えているのが、
本殿の役割をするシャトーという寸法です。

そんなわけで、
神社やお寺のまわりで催される縁日みたいに、
歩いてすすんでゆくこと自体にワクワクできるような、
会場レイアウトを意識したつもりです。

どうぞたのしみにしていてください。

明日からは、それぞれのゾーンに並ぶお店を
紹介していきますね。

第3回「生活のたのしみ展」の予告映像には、
株式会社パロニムが開発した、
TIG(ティグ)と呼ばれるテクノロジーが使われています。

映像で気になった情報から詳細ページにリンクできるので、
よければ試してみてくださいね。