• TOP
  • たのしみ展とは?

生活のたのしみ展とは?

「生活のたのしみ展」は、さまざまなアーティスト、
目利き、ブランド、ショップ、企業などのかたがたと
「ほぼ日」がいっしょにつくる、
お買いものを中心としたイベントです。

2017年3月、20ほどの店舗がならぶ
3日間のイベントとしてスタートし、
同年11月には店舗数を59にふやし、会期も5日間に拡大。

2018年6月に開催した第3回では
ワークショップやアトラクション、ミニライブなど
お買いもの以外のおたのしみも充実させ、
「期間限定の商店街」から「街のフェス」へと
めざす場のイメージを広げつつあります。

出展されるお店には、それぞれがユニークな切り口で、
「生活のたのしみ展」のためにあつめたもの、
つくったものが並びます。

ほしいと思っていたけれど、なかったもの。

よくまあ、こんなの見つけてきたね、というようなもの。

作家がつくる、貴重な一点もの。

信頼できるあの人がえらんだ、すぐれもの。

意外に知られていない、おすすめ品。

日本のもの、外国のもの、
うんと新しいもの、古いもの。

飾るもの、持ち歩くもの、毎日つかうもの、
だれかにあげたくなるもの、
いつかの日のために、とっておきたいもの‥‥。

魅力的なものたちがあふれるそのさまは、
まさに「生活にまつわるたのしみ」を
一挙にあつめた展覧会のよう。

見て回るだけでもたのしくなるのが、
このイベントの特長かもしれません。

2018年9月に大阪・阪急うめだ本店で開催する
「生活のたのしみ展 出張巡回展」は、
東京以外の場所で
わたしたちの考える「生活のたのしみ」にふれてもらえる、
はじめての機会となります。

ここからすこしずつ、「生活のたのしみ」の種を
全国に播いていけたらいいなと思っています。